<< 渋野日向子選手の行く末を危ぶむ | main | COVID-19という津波の襲来で方舟に乗れない老人たち >>

渋野日向子さん、選手生命の危機

 渋野日向子選手について、先のブログで心配したことが現実となったようだ。岡山に戻り、地元の病院で診てもらったのではないか、そして暫く入院するのではないかと思っていたが、なんと29日からはじまるニトリ・レディースに出場する予定だという。

 第一報は歯痛だった。そんなことでは済まないだろうと思っていたら、案の定、急性副鼻腔炎だと報じられている。全英から帰国して、咳がつづき、熱も引かない。その状態で炎天下の試合に出場し続けた。その結果、肺炎球菌が自然免疫と獲得免疫のバリアーを突破して、副鼻腔で炎症を起こしたのだろう。しかし、炎症はその部位だけにとどまらないだろう。NEC軽井沢で解熱剤を服用して強行出場したとすれば、目や脳に波及し て、視力障害や髄膜炎、脳膿瘍など引き起こし、重篤化する可能性すら十分にある。マクロライド系の抗生剤を点滴されているようだが、1〜2日で治るような代物ではない。周囲に感染を拡大させる危険性もある。

 報道では、トーナメントに強行出場するつもりらしいが、最悪のケースでは敗血症の可能性すら考えられる。後遺症による選手生命どころか、生命の危険すら否定できない。本人、家族はもちろん、世界のゴルフファンが悲しむことになるだろう。


スポンサーサイト

  • 2020.05.14 Thursday
  • -
  • 02:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
コメント
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM