<< 紀平梨花 ヴァンクーヴァーで2018年、グランプリ・ファイナルを制す | main | 池江璃花子選手の白血病の原因はひとつ、オリンピックは中止か? >>

全日本フィギュアスケート女子の採点は「門真判定」

2018年女子フィギュアスケートの全日本選手権(第87回)が大阪府門真市・東和薬品RACTABドームで、1221日(Short Program)と23(Free Skating)の両日開催された。結果は以下のとおり。

1位:坂本花織    SP75.65FS152.36228.01

2位:紀平梨花    SP68.75FS155.01223.76

3位:宮原知子    SP76.76FS146.58223.34

4位:三原舞依 SP72.88FS147.92220.80

 

4人の演技ともTVで鑑賞した。なるほど、坂本選手の滑りは3Lzを除き、失敗といえるものはなかった。だが、152点に値する内容だっただろうか?とくに、PCSに関しては、坂本73.25に対して紀平72.061.2ポイント以上差がついている。

TESに関しても、最難関の3Aをクリーンに2本決め、しかも3A+3Tというコンビネーションもcrispyに成功させたばかりか、スッテッピングアウトしそうになった3Lzにとっさの判断で1Eu<<+2Sという連続技をつなげた技術に対する評価が低すぎると感じた。

 

現在、PCSProgram Component Score)はSSSkating Skills)、TRTransitions)、PEPerformance)、COComposition)、INInterpretation of the Music)5つのコンポーネンツに分けて採点されている。最高点と最低点が除かれるTES(技術点)と異なり、PCSはコンポーネントごとに各審判の採点の平均値が得点となる。PCSはその合計だ。

審判は以下の9名。

数字は各審判のコンポーネントごとの採点を比較のため単純合計したもの。

                                          紀平  坂本  三原  宮原               紀平―坂本

                            42          44.25     41.25     46.5              -2.25

 久保田                        46.5       44.5       43.75     47.5               2

 西                           44.75     47.25     44.5       46.5              -2.5

     登美子                    45.75     42.75     42.25     45.25              3

                               46.25     46.5       44.75     46.25           -0.25

     千嘉子                    42.75     45.5       44.5       47.25           -2.75

                            44.75     45.25     44.25     47.25            -0.5

                            45.75     47.5       42.75     47.5             -1.75

                            45.45     47.5       43.75     48                -2.05

平均                                  44.88     45.67     43.53     46.89

標準偏差                            1.55       1.66       1.20       0.84

こうしてみると、久保田、山田両氏を除き、坂本に対するプラス評価の度合いが大きい。審判によって差の少ない宮原と比較して、坂本、紀平に対するバラツキが大きいことがわかる。

参考のため、TESGOEについて、各審判のスコアを単純合計してみよう。(実際は、各項目ごとに最高点と最低点を除いた7者の平均の%を基礎点に乗じて算出する。)

                                       紀平  坂本  三原  宮原               紀平―坂本

                            32          39          32          27                  -7

 久保田                        36          34          38          34                   2

 西                           40          50          43          41                 -10

     登美子                    27          29          30          24                   -2

                                35          45          39          37                -10

     千嘉子                    31          31          30          26                    0

                            34          43          42          37                   -9

                            29          38          33          29                   -9

                            32          49          39          27                 -17

平均                               32.89     39.78     36.22   31.33                                

標準偏差                           3.89       7.56       5.04     6.02

PCSと比べ、坂本、三原、宮原に対する採点に大きいバラツキがみられる。

久納、西村、新堂、飯塚、小河の各氏は、総じて紀平に厳しく、坂本に対しては大きく加点していることがわかる。(とくに小河優子に至っては坂本のGOE5を連発している。たしかに異常な最高点は排除されるにしても、到底、公正な審判員とはみなされないだろう。)

 

YouTubeで紀平選手のFSを確認してみよう。

Rika Kihira - 2018 Japanese Nationals FS

https://www.youtube.com/watch?v=X0u5-21tnYo

この動画に寄せられたJohn Jackson氏のコメントはいつもながら的を射ている。引用させていただく。

My biggest congratulations to Rika is for coming back from her mistakes in the short and her frustrations with the instability in her boots to land two of the most beautiful triple axels from a woman I have seen with picturesque tight spirals, excellent acceleration and snap, really fine height and distance and full rotation, with a fabulous triple toe on the back end and her artistry, expressiveness and elasticity and fluidity of movement to the music was mesmerizing, especially with her excellent skating skills and flexible spins. I was also really impressed with how well she thought on her feet by improvising single jump and upping the content with an improvised double salchow tacked on the end (I believe). While Rika was my favorite, I congratulate the Japanese skaters on performing so wonderfully in the free programs, especially Kaori, Mai and Satoko had nice artistry, but I wanted to point out the large variance between scoring in the Grand Prix Final and Nationals in PCS alone. In the Grand Prix Final with a more obvious mistake, and one less triple axel and no triple axel / triple toe combo, Rika received the same PCs score as she did in this National's freeskate, while Satoko relatively received 6 points more points in PCS and Kaori received about 5 and a half points more in PCS. Though Kaori skated a really clean and more impressive performance here, so did Rika in my opinion, though I think Satoko's was slightly better at the Grand Prix Final.  This reflects  a very significant inconsistency in judging from international to national competition.

PCSについて、国際基準と一貫性がなく、審判の判断に大きなギャップが生じていると指摘している。

より具体的には、

In addition, the biggest difference was in the very significant deviation in PCS scoring in the LP between Rika, Kaori and Satoko, who Rika finished ahead of by a fraction of a point. While Rika finished first in PCS at the Grand Prix Final with an advantage from 3.5 over Satoko to 4.5 points over Kaori. Here, she finished third in PCS with a deficit of 1 -3 points. Tech calls could have also easily played a role in the result. National scoring scores often don't translate into international ones.

 

日本人とおぼしきtmsahs 1041からもコメントが付されている。

「ごめんなさい

紀平選手の点が低いと思うのは私だけでしょうか

明らかに三原選手あたりの採点とかけ離れてる気がします

紀平選手はほぼ完璧なのに、坂本選手と点差がさほどないのもおかしな話だと思います

順位には納得していますが、三原選手以降に滑った人達と同じ採点とは思えないです

・・・はたして2人がこの演技を国際大会でして、同じような得点が出るのでしょうかね? これからの世界選手権や四大陸を見てそれがはっきりするでしょう

・・・三原選手以降の採点のようであれば160近くいってたでしょうね 国内試合だと毎回このようなことが起きてる気がするのは私だけでしょうか… とにかく紀平選手についた加点は少なすぎた気がします」

正論と思える。

 

先のグランプリ・ファイナルでは、ジョージアとロシアの審判がザギトワ有利になるような採点を行い、紀平選手のPCSが不当に低く抑えられてしまった。今回、日本の国内大会では、濱田美栄コーチ門下の宮原知子と紀平梨花に対して、中野園子コーチ門下の三原舞依と坂本花織という関西勢同士の激突となった。背後に百鬼夜行の影がうろついているのではないかと危惧される。過去には城田憲子ら連盟幹部の不祥事が露呈した。ソチ五輪の際、浅田真央は、連盟から練習場所としてあてがわれたバルカン半島で、凸凹のリンクを前に茫然自失、調子を落としてしまった。連盟役員らが他国の謀略にひっかかってしまったというわけだ。浅田真央はその犠牲者だ。

 

今回の全日本で一番疑問に感じるのは、3A4回転も飛ばない選手のFS150点もつけるとはいかがなものかという点だ。

ほぼ同時期、開催された女子フィギュア・ロシア杯の結果を見てみよう。

1. アンナ・シェルバコワ (Anna SHCHERBAKOVA)      74.09+155.69=229.78

2. アレクサンドラ・トルソワ (Alexandra TRUSOVA)  75.03+154.75=229.71

3. アリョーナ・コストルナヤ (Alena KOSTORNAIA)   74.40+152.14=226.54

 

5. アリーナ・ザギトワ (Alina ZAGITOVA)                   80.62+131.41=212.03

 

ロシアではジュニアの4回転世代がポディアムを独占した。時代は動いているのだ。

日本では、体操、レスリング、アメフトと次々と不祥事があからさまになった。だが、世間では、塚原夫妻や内田正人元監督・井上奨元コーチらが暴力を伴ったパワハラ行為をしていたと信じられているが、協会幹部や検察は「なかったこと」にして一件落着を図ろうとしている。海外では、礼を重んじる日本式精神至上主義は、only a façade、すなわち、玄関だけ=建前と受け取られている。アマチュアボクシングでは、長らく「奈良判定」を見て見ぬふりしてきた。フィギュア界でも、今、門真判定がまかり通ろうとしている。権力を持った、井の中の蛙たちが自分たちの都合だけで選手とファンを冒涜している。いずれ、国際社会と世間から鉄槌を下されるだろう。


スポンサーサイト

  • 2019.05.29 Wednesday
  • -
  • 03:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
sponsored links
コメント
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM