<< 太平洋戦争開戦から75年、安倍首相は日米の英霊たちを前に何を述べようとするのか | main | クリスマスに涙色のバラの花束を! >>

スポンサーサイト

  • 2016.12.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


法制化を焦る安倍カジノ法案の背後にトランプ、ネタニヤフ、カジノ王アデルソン

 田中宇氏はトランプの背後にイスラエル・コネクションがあると指摘した。私は先のブログで、日本がそのイスラエル・コネクションの餌食にされることになると予想した。しかし、それは未来形ではなく、現在進行形だった。以下がその証左だ。

 外務省のHP http://www.mofa.go.jp/mofaj/me_a/me1/il/page4_000469.html

によると、イスラエルのビンヤミン・ネタニヤフ首相(H.E. Mr. Benjamin NETANYAHU, Prime Minister of the State of Israel)及び同令夫人は公式実務訪問賓客として来日し511日から15日まで日本に滞在した。

 このHPに掲げられた会談概要には、「カジノ」の「カ」の文字もない。ところが、Global Research, February 08, 2015によれば、イスラエルの日刊紙Haaretz が“Netanyahu Pressured Japanese Regulators to Approve Adelson Casino Bid? ”という記事をネットに掲載し後、即座に削除したこと伝えている。

http://www.globalresearch.ca/haaretz-removes-report-that-netanyahu-pressured-japanese-regulators-to-approve-adelson-casino-bid/5430135

 この記事によると、この日本訪問時に、ネタニヤフ首相は日本の役人にシェルダン・アデルソンに対して早くカジノ・ライセンスを許可してくれるように依頼した、とある。(during Bibi Netanyahu’s state visit to Japan last spring, he approached a senior Japanese official, asking that he help expedite Sheldon Adelson’s application for a Japanese casino license. )ネタニヤフ首相の依頼は、タイミング的にぴったりだった。なぜかといえば、アデルソンが所有する、ラスベガスのサンズ・グループが3か月前に日本当局にカジノ合法化を申請したばかりだったからだ、という。(Bibi’s approach was perfectly timed, following by only three months the Sands’ application to open Japan to legalized gambling (which is currently illegal).

 さて、シェルダン・アデルソンとはいかなる人物であろうか。Wikiによれば、アメリカのカジノ王で83歳。ユダヤ系アメリカ人。Las Vegas Sands Corporationのオウナー。傘下に the Marina Bay Sands in SingaporeVenetian Macao Limitedを持ち、The Venetian Resort Hotel Casino and the Sands Expo and Convention Center.などを運営している。(過去において、COMDEXをソフトバンクに売却している。)メディアにも進出し、イスラエルでは、Israel Hayom紙を、ラスベガスではthe Las Vegas Review-Journal紙を発行している。20168月現在の所有資産はUS$32.2billion35千億円)。

 今回のアメリカ大統領選において、共和党にも民主党にも最大の寄付者がアデルソン氏。とくに、ドナルド・トランプに対する最大の資金協力者がアデルソン氏だった。(He was the largest donor to Donald Trump's 2016 presidential campaign.

 以上の経緯を踏まえ、安倍自民党がなぜ、強行にカジノ法案を通そうとするのか、理由が明白になった。先月18日、組閣に忙しいトランプが時間を割いて安倍首相を呼んだとき、カジノを早く合法化せよと命じたのだ。ポチ安倍は「ワン」といって、とにかく、「カジノ、カジノ」と役人にせっつき、審議時間もそこそこに衆院を通し、参院も時間の問題となっている。ギャンブル依存症云々している暇などないのだ。トランプ−ネタニヤフ−アデルソン様たちがお待ちかねだからだ。Integrated Resort(集合リゾート)こそ、アデルソン様が推進しているビジネス・コンセプトに他ならない。ギャンブルの次は公認売春窟とマリファナ。横浜はマフィアの巣窟となるだろう。暴力、殺人、性病が蔓延する。

 ポチ安倍の尻拭いをさせられるのは一般市民。韓国のパク大統領の比ではない。これでも国民は、安倍自民党を支持するのでしょうか?

<参考>

*カジノ法案と“日本、イスラエル、米国の三国同盟”20161207

http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/055a79fa80fc2db40b0a9af3cf3be1a9

*日本のカジノ解禁で儲かるアメリカとイスラエルの戦争屋

http://www.huffingtonpost.jp/saul-takahashi/america-palestine_b_13359618.html

*あまりに恥ずべき安倍・ネタニヤフ会談―米国も呆れる「アパルトヘイト国家」イスラエルとの関係強化の愚:2014/5/13()

http://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20140513-00035268/


スポンサーサイト

  • 2016.12.25 Sunday
  • -
  • 01:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
コメント
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM